シートベルトの活用は後部座席でも義務つけられています

車に搭乗する場合には、後部座席でもシートベルトの着用が義務つけられているのですが、実際のところはシートベルトをしていないことが多いようです。
前の席に座っている人のシートベルトの着用は、警察官から確認されて切符を切られることから、着用率は上がっているようです。

しかし、切符を切られるからシートベルトをするなとか、切符が切られないからしないとかと言う理由ではないことをキッチリと考えて欲しいものです。
シートベルトは安全を守るためにするもので、自分は関係ないとかそんなことは起こらないと考えるのは、危険への第一歩だと考えて欲しいです。

事故をしてもシートベルトをしているとケガなしでも、していなくて車外に放り出されてしまうこともあるのです。
車の素材は軽くて凹みやすいボディーに変わってきていますので、少しの衝撃でも潰れやすくなっています。

安全性も考えられているかもしれないですが、シートベルトをしていることは前提にして考えられています。
何もなくても安全第一、それが一番だと思いますね。

引越しの一括見積もりサイトで10万円得しちゃいました