インプラント治療は値段が高くリスクもあるがメリットも大きい

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。そして、治療に間ちがいや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着い立ところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を1回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。